もとは、江戸後期に建てられた割烹料理店。築150年の古民家をなるべくそのままに活用しています。目の前が京都と日本海を結ぶ旧山陰道だったことから、京都、篠山、山陰で作られた生活雑貨や工芸品などをテーマに集めています。手仕事の温かみを感じさせる品々をゆっくり見たり、中庭に面した風が通り抜ける板の間カフェで、時間を感じないひとときを過ごしていただければ幸いです。